ブログ

>ブログ

仕事で信頼を得る為に・・・・・

2019/05/09

新しく社会人として働き始めた方、自己流の方、また「今更人に聞けない」という社会人の方、様々だとは思いますが、ビジネスマナーが必要な理由。それは仕事で信頼される為です。

 

 

ビジネスの場では様々な考え方や立場の人がいます。

 

「敬語なんか使ってると距離ができるからダメだ!」という方

 

「社内での呼び方は全てニックネームで呼びあいましょう!」というルールがあったり、実際にそういう方や会社はたまに見かけます。

 

しかし一般的にはそれは少数派であって、万人に対してのあたりまえではありません。

 

一般的には上司や取引先、目上の人には敬語を使って会話しますし、互いの呼び方も役職をつけて○○課長や○○さんなどと呼ぶでしょう。

 

色々な考え方がある中でも、ビジネスマナーは相手を不快にさせない為の表現方法です。

 

 

 

 

どんなに良い提案を上司にしても、提案の仕方一つできちんと話を聞いてもらえない場合があったり、どんなに良い商品を持って営業に行ってもビジネスマナーを守れていないと、それだけで売れるものも売れなかったりします。

 

これは、相手を不快に思わせたことによって信頼を得られなかったことが原因でしょう。

 

ですから、意図していなくてもビジネスマナーが悪いことで、上司や先輩、取引先の方になんだかわからないけど嫌われてしまう➡信頼されていない ということになっている場合があります。

 

その状況が長く続くと、なぜだかわからないが嫌われていることで上司や先輩、取引先の方と話すのが恐くなり自分に自信がなくなって、本来の力も発揮できなくなってしまうかも知れません。

 

 

 

もう少し深く掘り下げると、なぜ信頼が得られないのか?

 

相手の不快に思うことをするからですね?

 

あなたはどんな場合に相手に対して不快に思う事をしますか?

 

相手に対して思いやりを持てない時・・・・・

 

相手のことを考えていない・・・・・

 

どうでもいいと思っている・・・・

 

などだと思います。

 

 

 

 

ビジネスマナーが悪い➡不快な思いをさせる➡思いやりがないから➡結果 信頼されない

 

だからビジネスマナーを学ぶ必要があると思います。

社内や取引先でも意図せずに人間関係を悪くしてしまっている方がいるのではないでしょうか?